タウンワークの掲載方法と料金を説明します

転職などで仕事を探そうと思ったときに、手軽に利用できるものとして、無料で配布されるフリーペーパーと呼ばれるタウンワークなどを利用する方法があります。公的機関のハローワークで仕事を探そうとすると、待ち時間もかなりかかりますので、足が遠のいてしまいます。それに比べタウンワークなどでは、コンビニなどの身近なお店に置いてありますし、持ち帰って家で暇なときにゆっくり見ることもできます。また求人を出したい企業側にとっても、仕事を探している多くの人の目に触れる媒体ですので、有効利用できます。タウンワークへの求人広告の掲載は、公的機関とは違い料金が発生します。ですが、給与や休日などの待遇面以外にも、職場の雰囲気のコメントや写真を載せることもできますので、働きやすい職場、雰囲気の移植葉だということなどをアピールすることができます。

タウンワークへの掲載の料金はネットでの申し込みが割安!

タウンワークへの求人広告の掲載を依頼する方法は、営業担当者と直接やり取りする方法と、インターネットで申し込みをする方法があります。前者の場合はまずサービスセンターに問い合わせた後、営業担当者と直接、相談や打ち合わせをします。この相談は無料ですし、予算や掲載方法など、経験豊富な担当者が様々な提案をしてくれますので、安心して相談ができます。その後実際に原稿を作成したり写真を撮ったりという、掲載に向けた作業が行われ、そして実際にフリーペーパーやサイト上に掲載されることになります。一方インターネットで申し込む場合は、インターネットサイトのみへの掲載となりますが、打ち合わせなどがない為、申し込みから掲載までが早いです。また決まったフォームへ入力するなど、慣れれば簡単にできますし、修正も随時可能ですので、急いで求人を出したい企業には良いでしょう。料金もこちらのほうが割安です。

タウンワークへの掲載の料金は地域ごとの設定

タウンワークへ掲載するための料金設定は地域や掲載スペースなどにより変わってきます。東京都心は一番高く、大阪、名古屋に比べても倍の料金がかかります。その他地域では大阪などの半分ほどの料金で済みます。とはいってもフリーペーパーを目にしてもらうには職場のある地域で掲載しなければ意味がないので、この出費は仕方がありません。ちなみにインターネットサイトのみに乗せる場合は冊子より割安で都道府県ごとに料金が設定されています。関東地方はやはり一番高いですが、大阪府や愛知県と比べても千円ほどの違いです。冊子は1週間の掲載に対し、インターネットでは2週間の掲載が基本ですので、やはりインターネットへの掲載はお得感があります。しかしインターネットの利用に縁がない人にとって、フリーペーパーは大事な情報源です。一概にどちらがいいとは言えませんが、企業が求める人材の層によって使い分けるのも良いかと思います。

ご掲載までの流れや質問がありましたら、随時、お答えします。 全国に14拠点あるので、各地域の採用事情に精通しております。応募率の改善に自信あり。 わたしたちは社員の成長とお客様の満足を最大限に創造し、社会に貢献していくことが信条です。 求人広告ならリクルートのトップパートナーのヒューマンワーク。採用率の高い出稿をご提案。 タウンワークの料金に関するお問い合わせはこちら